筆記試験 弐段用


1.躰道が三次元の運動空間で球体運動をする場合、空間と時間の面からみたときどのように現れるか。

解答表示


入力




2.躰道の実技は、演武軸に対してどのように決定されるか。

解答表示


入力




3.躰技の現象効果を一般的に計測する場合どんな計算法を用いるか。

解答表示


入力




4.限定された低次元つまり一次元や二次元の運動空間で動くことは、
  半身不随症やマヒ症患者の回復期の動作にたとえられるがその理由は。

解答表示


入力




5.躰道には五つの基本技があるが、各技を施すときの状態はそれぞれどのように表現されているか。

解答表示


入力




6.動功五戒の<三動一体>とは旋技の攻撃方法だが、どのようなことを戒めているか。

解答表示


入力




7.武道は時代の変遷の中で性格をかえてきたが、その三つの形式とはなにか。

解答表示


入力




8.躰道の主体的な自覚で武道を倫理化していく場合の三つの徳目とは何か。

解答表示


入力




9.天真正伝香取神道流では、「万の初まるところに帰ることを本遷の理」といっている。
  躰道でこの「本遷の理」に相当するものをなんといい、またそれに基づいてできたものを何の原理とよんでいるか。

解答表示


入力




10.躰道では現代の基本的な運動生理に、東洋医学の思想にもとづく経絡調整を併用して訓練上の効果をうる。
   そのとき行われる「三法」とは何か。

解答表示


入力